神楽坂/キイトス茶房

小腹と心を満たす書斎的食堂的珈琲店日和 “Pax intrantibus, Salus exeuntibus=歩み入るひとに安らぎを、去りゆくひとに幸せを”

02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »04


キイトス茶房(Kiitos Cafe General Store)の催しもの案内

■キイトス倶楽部
 会員になると茶房にある書籍、DVD、CDから1点だけど、店外使用出来ます。無料。現在の会員数1555名(脱会者等を含む通算数)

■キイトス・ギャラリーのご利用案内
2010年より、A使用=無料。但し、作家さんのDM作成と切手貼付200枚納品が必要。B使用=有料。半月20000円。作家さんのDM作成と切手貼付200枚納品は不要。会期中の作家さんの飲み物代無料。どちらかのコースを選択の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。詳細は電話ください。03-5206-6657


第4回キイトス茶話会「フランス映画ゴダールの世界から邦画市川雷蔵の世界まで」
第4回キイトス茶話会

日時 2006年4月7日(金)午後7時より
場所 キイトス茶房

講師 和久本みさ子(映画評論家・翻訳家)
テーマ 「フランス映画ゴダールの世界から邦画市川雷蔵の世界まで」-フランス映画を楽しく観るには

参加費用 お一人様2000円+ドリンク代(別途)
参加方法 キイトス茶房へ電話予約か、キイトス茶房ブログのメールフォームから申し込み可。

■和久本みさ子さんの主な書籍
「永遠のマレ-ネ・ディ-トリッヒ」
和久本みさ子
河出書房新社 2003/11出版 94p 26cm ISBN:430926705X
2,100円(税込)

「エリザベス・テイラ-なんかこわくない(文春文庫 ) 」
ブレンダ・マドックス/和久本みさ子
文藝春秋 1997/06出版 427p 16cm ISBN:4167218364
649円(税込)

「ハンサムな女たち77人の映画のヒロイン 」
和久本みさ子
清水書院 1997/02出版 251p 20cm ISBN:4389500279 
1,478円(税込)

「キェシロフスキの世界」
クシシュトフ・キェシロフスキ /和久本みさ子
河出書房新社 1996/01出版 304p 20cm ISBN:4309262724
2,853円(税込)

●余談(キイトス茶房)
 ついこの間、週刊新潮の記事に、ソフィア・ローレンが語る「素晴らしき70歳!」というのがあって、インタビュアーが和久本みさ子さんでした。和久本みさ子さんは、フランス映画の巨匠ゴダールと直接面談をしたことがある数少ない日本人。
今回は、そのご本人から直接、フランスの映画監督のゴダール作品のお話が聞けるので楽しみ。ゴダールは、チャップリンなどの娯楽映画を高く評価し、フランス映画を否定していた時期もあったようです。最初の作品「勝手にしやがれ」(1957年)は、他の作家のそれとは明らかに次元が異なり、従来の映画形式を打破するほどの意欲作と言われたそうです。隠しカメラを使うなどして、実際に路上で即興演技をさせて仕上げた作品で、映画における革命といわれてます。が、ぼくはこの映画を観る機会がありませんので、なんとも分からず、書きようがないのだけれど、いわゆる、ヌーベルバーグという映画傾向を生み出す端緒になったといわれてます。
Nouvelle Vague /“ヌーヴェル・ヴァーグ”という表現は、1957年の「L'Expresse 」誌の中で初めて登場します。これは当時の若者を対象にしたアンケートの結果によってできた言葉で、この世代の生き方や考え方が、前世代のそれとは大きく変わったことから来る「新しい現象」として使われました。この“新たな波”は、音楽、文学の世界へと広がっていき、映画の世界に如実に現われるようになったのは1958~1962年。1959年のカンヌ映画祭で、二人の若手監督(フランソワ・トリュフォー、アラン・レネ)の映画が上映されたことがこの象徴ともなっています。そのスタイルの大きな特長として、カメラがスタジオから解き放たれ、街頭に出たことがあげられます。
 いつの時代も、旧世代から新世代への世代交代がある時は、いろんな事象が起こるのでしょうね。
 さて、和久本みさ子さんからどんなお話があるのか、実は、まだ分かりません。ゴダールの映画を観ているヒトなど、ぼくの周囲にはほとんどいないし、ぼく自身はル・マル監督の作品は好んで観てましたので、ご講演をいただくのに、はなはだ準備がなされていません。すみません。
 それに、市川雷蔵の作品のお話までいただくとなると、あとは、想像の世界。ゴダールと市川雷蔵は同じゼネレーションなんでしょうか。市川雷蔵―― わずか15年の映画俳優人生で、実に158本の出演作を残し、37歳の若さで夭逝(1969年)した不世出の映画俳優。没後36年経った今でも、多くの人々を魅了してやまない希代の存在です。90年代には再評価の流れが活発化して、京都で市川雷蔵映画祭が行われているそうです。梨園出身の雷蔵の「眠狂四郎」シリーズ、「大菩薩峠」、「陸軍中野学校」シリーズ、また、巨匠・溝口健二監督と組み、役者・市川雷蔵の出世作となった「新・平家物語」も上映されたと仄聞します。
 ぼくは、「忍びの者」シリーズが一番気に入ってますが、あの映画のカメラワークで、忍者が忍びに入った天井から覗き見している忍者の目の映像なんかは、当時の映画には、確かにいままでにはない映像だったような気がしますから、きっと、ゴダールとの共通項があるのでしょう。そんなお話も聞けるかもしれません。違っていたらごめんなさい。
 それにしても、CGを使った今の映画は漫画みたいで好きになれないな。ああ、旧世代なんですね。





ジュディ
 2006年3月29日
 ムスメが編んだ手編みのセーターを脱ぎたがってるジュディ
20060329224241
この世で一番愛してるワンコ
 一緒に暮らして12年。高校の頃に飼っていたのは雑種の「ジュリー」。ジュリー・アンドリュースから付けてしまった。「サウンド・オブ・ミュージック」にはまっていたからだろうか。二十歳の時は、当時観た映画「おもいでの夏」の永遠の女優、ジェニファー・オニールにすっかりはまっていたこともあり、雑種のワンコの名前は、「ジェニファー」。ふたりとも短命だったけど、ヨークシャ・テリアのジュディは、もう12歳を超えているが元気。小型犬だからだろう。ジョディ・フォスターから付けた名前なんだが、いつの間にかジョディが、ジュディに。嗚呼、いつもこんなんで命名していていいんだろうか?



どなたかプロジェクターをお貸していただけませんか?
 第5回キイトス茶話会は、「キイトスのオヤジでもわかるブログの作り方と楽しみ方」と題して、2006年5月26日(金)午後7時よりキイトス茶房で開催されます。講師は、臼井純子(Webプロデューサー)さん。
 これからブログをやってみたいヒトが対象。だから、ブログ入門をABCから教えてもらえます。当日は、講師がパソコンを実際に持ち込み、それを見ながら勉強。しかし、プロジェクターが今のところ、まだ確保できていません。
 個人でプロジェクターなど持っているヒトなどいまだ一人として知らないのだけれども、そこで厚かましいお願いなのですが、どなたか、その日にプロジェクターを貸していただけないでしょうか?それも無料で。いや、珈琲一杯で。ネットと水泳が苦手な店主を助けていただけないでしょうか。
 今時、そんな篤志家の方などいませんよね?しかし、ネットの世界ではもしかして、なんていうことがあるかもしれないので、載せてみました。





恥ずかしながら今頃mixiに初チャレンジ?
 2006年4月1日
 当茶房で絵画の個展をしてた若い女性からのお勧めもあり、その彼女の「紹介」があって、mixiに登録が出来た。ブログをはじめて60日が経過。mixiなるものの存在は知っていたが、なんだかはよく分からない。2チャンネルというのも同様に分からない。分からないけど、mixiに登録し、日記も書き込んだ。一体誰がこんなバーチャル世界を考えたんだろうか。
 ケイタイメールが国民生活の一部となってしまった。電車の中でケイタイメールをしてる人がいないことはない。郵便の手紙などは前世紀の遺物となろうとしている。近いうちにケイタイは、フィンランドや韓国を追い越せるだろう。ケイタイやゲーム、ネットやmixiみたいなものが増えるというのはそれだけ社会に出るのを嫌がる人々が増える温床になるような気がするが、IT産業も栄えてヒルズ族が今後も増殖するという意味なんだろうか。しかし、ニッポンで小学生からパソコンをつかうガキが増えようが、数学的思考が出来る人的育成はインドの方が優れている。インドにはニッポンはかなわない。これからの数学世界を制するのはインド。IT技術者もニッポンはかなわない。インドではどんな貧しい地域でも数学の教育はニッポンより進んでいる。ニッポンの小学生は、9×9までだが、インドの小学生は、19×19まで暗記している。もうこの時点でかなわない。
 あれ、なんだっけ?そうmixiのことでしたね。
 そう、中年のオヤジであるぼくは、本日mixiに登録。はじめてチャレンジ。本名でしましたが、本名なんか登録してるのはどうも皆無みたいなんで、直ちに訂正してハンドルネーム「嬉野僕」にしました。
 でも、なんだかゼネレーションギャップを感じてしまうなあ。時々、同世代のオトコもオンナも余暇は何をして楽しんでるうだろうか?盆栽や短歌?ゴルフ?社会貢献?やはりお旅行かも。
 たった一度の人生は、やりたいという欲があればなんでもやっとかないとね。赤面しながら失敗続きでも。




813兆1830億円の夢の跡
ぼくの妄想日記
 2006年3月24日

 永田町の為政者たちの懐刀である財務省は、3月24日、国債、借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」の2005年12月末の残高が813兆1830億円になったと発表した。前年9月末から14兆1628億円増加し、過去最大を更新した。総務省の推計人口(1億2773万人)で割ると、生まれたばかりの赤ちゃんも含め国民1人当たり636万6000円の借金を抱えている計算となるそうな。
 要するに、日出るこの国はひたすら破産への道を歩み続けていることになる。というよりかもう破産しているという説が妥当として、将来や老後のことは自分たちで対応するという人たちは少なくない。
  「100年は安心の年金」などとアホはこといっていた永田町為政者多数派オポチョニストもいたが、もう財政は救いようがないところまで来ている。国家破産=終焉。今日、納税は無辜の民から厳しく巻き上げられていくが、ぜんぜんこたえていないと思われているせいか、集めた税金(歳入)は、もうどんどんお役人のために好きなように歳出してくださいね。律令制の時代から年貢は、お上のためのもの。お国にために働いているお役人の自由裁量で使うのがファースト・プライオリティだから、どうぞ、どうぞ。下々のものへは、あとはものもうおこぼれでよいです。もう自虐的になるしかない時代が到来したのだろう。
 WBCの野球選手みたく、目をギラギラさせて勝つために死に物狂いで闘う姿はひさびさに爽快でした。永田町の主もテレビで観ていたらしく、ヨロコビの声明を発していた。そうした数日後に借金813兆円の報告。誰がいつどこでどうやって責任とるの?
 永田町の主は、日本に新自由主義的な弱肉強食の論理を持ち込み、強者をより強くし、傾斜配分を推進することで日本国家を強化しようとした。中央政府の財源を政治力で地方に分配することで、結果から見るならば、格差是正と公平配分を担保していたかつての永田町の旧主派某の路線が新自由主義政策と正面から衝突した。北海道の歌手某と連帯してる旧主派某を放逐した結果、中央財源の地方への分配は削減され、「小さな政府」が実現される。永田町の主と多数派の為政者はポピュリズムの波に乗りながら、圧倒的大多数の民に、少なくとも短中期的には不利益をもたらすことが倫理的に明白な新自由主義政策を飲み込ませた。なぜ自由な競争から格差社会が生まれるのか?なんて考えている間に、格差社会が確立していた2006年3月。日本のポリシェビキよ起て!
 嗚呼空しい妄想の一日でした。 



ぼくの妄想をかきたてる須田帆布的シャツ
 ぼくの妄想日記
 2006年3月16日

 三寒四温で体力が軟になっているヒトも少なくないと思う。極私的なことだけど、櫻は辛い思い出ばかりで好きではない。まして、櫻の下で花見など論外。
 まあ、そんな季節はもうすぐそこの角に来ている。
 さて、先週、須田帆布さんの10年着れる「農夫のシャツ」(ぼくにとっては、死ぬまで着れるシャツ?)が米袋に梱包されて届いた。待ちに待ったシャツ。暖かくなったら、これを着て清里へ遊びに行くぞ!てなモードが溢れているシャツ。
 えッ、あの清里?kiyosato

ぼくが20歳の頃、清里はまったくと言っていいほど知られていなかった。新宿南口ホームから登山客で蒸しかえっている中央本線の夜行普通列車に乗って小淵沢へ行き、小海線に乗り換えて無人の清里駅に早朝に着く。なーんにもない駅周辺。荒れた野道を清泉寮に向かって歩き、KEEPで一休みするか宿泊するかして、赤岳から八ヶ岳を縦走するのが好きだった。
 清里がある高根は、戦前に奥多摩湖のダムになる前に住んでいた人々が、強制移住させられて開拓された村だった。立教大学のSt.ポールと関係あるのだろうけど、1948年に故ポール・ラッシュ博士が、清泉寮を中心に「食糧」「信仰」「保健」「青年への希望」を掲げ、実践的なモデル農村コミュニティーづくりを目指して、KEEPは設立されている。
 清里を、日本を愛し続けた博士は、 ”DO YOUR BEST AND IT MUST BE FIRST CLASS.”「最善を尽くし一流たるべし」という言葉を遺し、1979年に82歳の生涯に幕を閉じたのだが、高根町の広大な荒野にKEEPを作ったのが今日の「清里」の歴史の始まりだろう。
 当時、清里に魅せられたのは何んだったんだろうか。深い敬虔な信仰に基づく開拓農民のひとたちの生活だったのだろうか。オレはロシア革命前のナロードニキになろう、などといった思い上がった幻想のためなのか、オンナに振られたために失恋を癒すためだったのか、今となっては曖昧模糊。
 しかし、何処にいくのも、一澤帆布のナップザックかミレーの登山用ザックかチロリアンシューズだった。それと母の帆布でつくった手製の帽子とどこかで買った野良着。だからなのだろう、この須田帆布的シャツをみたとたん、20歳の時の自分にフィードバックしてしまった気がする。 
 この「農夫のシャツ」でなつかしいものに出会えたようなハイな気分を味わうことが出来た。

 また、これを着て、チロリアンシューズを履いて、また、立原道造の本を持って、小海線に乗って、早朝の清里の駅にたちたい。季節が初夏というよりまだ幼い山の春に。若草の柔らかい緑が萌えそめた牧場には放牧の牛や馬の姿がちらほら。だが一人の牧夫、一人のハイカーの姿もない。ただ真青に晴れた空の下の高原の、純粋な日光に照らされて光っている露や小溝の水はきらびやかで清らかで、これを見、この空気を呼吸するだけでも、遠くここまで来るだけの甲斐はあるだろう。早春の真昼の山の森林、そのほのぐらい世界の奥へと糸のような細道で人を誘いこみながら、時には滴る水のような清らかな小鳥の声を響かせ、時には高い梢の間から力強く輝く空の破片をのぞかせる森林。そういう森林を身をもって歩いたり、遠くから眺めたりすることが再び出来るだろうか?
 現実の清里駅も周辺の街並みも、清泉寮への道も変わってしまい、清泉寮では、クルマで乗り入れてくる観光客で溢れかえり、あまりの注文で固まっていないアイスクリームを舐めている人たちで混雑しているけど、古くからの清泉寮ファンは、そこで静かに宿泊していることも知っている。
 回顧と妄想が混在しているだけなのかも。こういうのが老いの始まりなんだろうか。疲れてんのかな? 




須田帆布的シャツ
 神楽坂上のパレアナでお茶をしていたら、偶然、ぼくの席の頭上に1枚だけ残っていたチラシを手に取った。「須田帆布的シャツ」の案内チラシを読みながら、「野良着?何これ?」、とぼく。気品ただようママさんが、今、あるから持ってくるね、というわけで本物のシャツを見せてもらった。
 生地は、リネン(コットンの2倍の強さを持ち水分の吸収がよくて乾きも早い)だとか。デザイン、色合い、生地といい、ボタン、袖口、衿といい、一目惚れ。なんか、やっと探しあえた偶然というのは久々。このシャツは10年着れる。「こういうシャツを探していたんだよなあ。」と感嘆。nofu2.gif


 チラシには、「野良着と言う言葉で仕事着から普段着の事迄を言っていた時代が有った事をご存知でしょうか。(中略)私は7年程前から週末でけの田舎暮らしを始めたのですが、風景に溶け込むシャツが頭の中にとめどなく浮かんでしまいました。この国が、まだ誰しも貧しく物が無い時代、そんな時代を生きていた人達のつつましやかな日常がふと、とても格好良く見えてなりませんでした。勿論現実の生活は想像を絶する日常だったのでしょう。田んぼを渡る風に、シャツの裾をヒラヒラさせて働く人の姿に私達の作ろうとしていたシャツの原風景があると言う事を確信しました。素材は綿と麻。そして仕立ては上等でなければいけません。着心地はシャツ作りに関わった人達のエッセンスで有って欲しいと思うのです。袖口が袖首がボロボロになる迄着続けてもらえるシャツでなければ私達がシャツを作る意味はないと思いました。(後略)」と。nofu.jpg


 シャツの種類がすごい。「ごきげんシャツ」「収穫祭シャツ」「農夫のシャツ」「風を着るシャツ」「自転車に乗ってシャツ」とある。ぼくは、即行で「農夫のシャツ」の購入予約をしてしまった。
 実は、こういう野良着を18か19の頃の青年の時に着ていた。どこで買ったか覚えていない。今みたく脂肪体質でなくて、いつでも戦闘開始するぞ、で目がギラギラしていた。いつも野良着でアノラックに一澤帆布のショルダーバックでいた。爾来、何回もオリンピックが行われていまや完全中年になってしまったが、そんな時に再び、素敵な「野良着」に神楽坂で偶然出会えて本当にウレシイ。

追伸:このシャツは、パレアナさんで売っているわけではありません。パレアナさんで、須田帆布さんの展示会が2月に行われていたそうです。ぼくは、それには行ってませんでした。ネットで販売してます。




神楽坂のチーズ専門店alpageで教わった秘伝
神楽坂のチーズ専門店alpageの青かびチーズに嵌って久しい。
青かびチーズといったらロックフォール(Roquefort)。フランス南部アヴェロン県のロックフォールの地下に広がる洞窟に、コムギとオオムギの粉で作ったパンを設置して採取、繁殖させたアオカビの一種により熟成させた羊の乳によるチーズが代表的なもの。
買って嵌ってるのは、フランスオーヴェウニュ地方の産で「ブルードーヴェルニュ」。香ばしい青かびの芳香とミルクの甘味と旨みが絶妙。乳質の良さが味に出てます。ドイツのラインガウ地方のリースリング種の白ワインと、神楽坂のベッカーのドイツパンとこの青かびチーズがあれば桃源郷!
なんでも美味いものと自分好みの美意識のモノとヒトには溺れやすい体質。きっと、泳げないから溺れるのだろう。
同店の笑顔がとてもチャーミングな若いママさんからチーズの保存法を教えてもらいました。有難う。
当茶房の4月からの新メニュー「ワインセット」のおつまみにつける予定です。お楽しみに。


チーズの限られたスペースでの簡単保存法

*フレッシュ 開封後はなるべく早めに使い切る。保存は容器ごと。
*白カビ 切り口を、アルミホイルを折りたたんだものでガードし、ラップでくるむ。箱入りのものは箱にしまう。(乾燥は禁物)
*ウォッシュ 同上(乾燥厳禁)
*青カビ 表面にしみ出た水分をキッチンペーパーでふき取り、ラップでくるむ。
*シェーブル 保存が難しいのでなるべく早めに使い切るほうが良い。しまう前にチーズの水分をペーパーでふき取り、切り口はラップでガードする。次に、キッチンペーパーでくるみ、ゆるくラップする。(水分はできるだけ除いたほうが良い。)
*セミハード
*ハード 表面にしみ出た水、油分をペーパーでふき取る。カビが生えてしまったときは、ナイフ等でカビの部分を厚めに削り取れば良い。その後、ラップでぴっちりとおおう。まとめ買いをして、長く保存する場合はアルミフォイルで包んで、その上からラップできっちり包むと、冷蔵庫臭が付かずにいつも美味しくいただけます。

■保存は冷蔵庫の野菜室に入れるか、タッパーに入れて湿度を保つように保存します。

■チーズは召し上がる30分から1時間前に室温に戻すと口当たりが良くなり美味しくいただけます。






春雨と白菜のスープ
春雨と白菜のスープ
仕事から帰ってきたら、ムスメが料理してあったスープ。三寒四温のせいか夜は冷え込みが激しい郊外の山間部に住んでいるので、身体も冷え切って帰ったので、温めていただきました。春雨は泣ける。いましばらく嫁にいくのはやめなさい、てココロの中で呟く。


材料
白菜 4分の1
春雨 80g
シイタケ 4個 
ホタテの缶詰 1個
中華スープの素 大匙3
醤油 小匙1
塩 一つまみ
1 白菜をざく切りする。
2 シイタケを細く切る
3 春雨を沸騰した湯で戻す。2,3分。
4 春雨をざるにあけ、水洗い。
  春雨を5cm程度に切る。
5 なべに水(1800cc)を入れ、沸騰させて、中華スープの素(大匙3)を入れ、ホタテの缶詰(1缶)を同時に入れる。続いて、白菜とシイタケと春雨を入れ、柔らかくなるまで煮込む。(7分位)
6 醤油(小匙1)と塩(一つまみ)を入れて、味を調える。






ブログ超初心者のためのサイト
●ブログ超初心者の泣きどころ

 blogなのかpulogなのか分からずにはじめてから約1ヶ月半。キイトスのお客様のお力をお貸しいただきながらブログ生活が続いてます。もともとパソコン知識は皆無でメールとワードとエクセルと会計ソフトのみで、エクセルを極めればパソコン通だといわれるだろう、程度の浅知恵。
 トモダチがT-バックを張ったとかよく言ってたが、まさか、下着のことではないだろう、とは思ってたけど、トラックバックのことなのでした。しかし、トラックバックって何?
 いまや、ひとつひとつを確認していかないと前に進みません。「ブログ」はライブドアのサイトがやり易いよとかは聞いてましたが、ぼくのブログの先生の臼井純子師の薦めでいまのfc2を使ってます。
 解らないIT用語は、IT用語辞典e-words を利用させていただいてます。こういうサイトは本当に助かります。
 以下は、そのサイトからの説明です。下着ではなかったのですね、トホホ・・・


 ■トラックバック
 ウェブログ(ブログ)の機能の一つで、別のウェブログへリンクを張った際に、リンク先の相手に対してリンクを張ったことを通知する仕組みのこと。

 ウェブログ作者が別のウェブログの記事を参照して自身のサイトにコメントを掲載するような場合、元の記事へのリンクを張るのが一般的だが、単にリンクしただけでは元の記事の作者はどこからどうリンクされているのか容易に知ることはできない。トラックバックはリンク元サイトに「このような記事からリンクを張った」という情報を通知する仕組みで、リンク元記事のURLやタイトル、内容の要約などが送信される。トラックバックされたサイトはこの情報を元に「この記事を参照している記事一覧」を自動的に生成することができる。

 相手に送信されるトラックバック通知のことを「トラックバック・ピング」(trackback ping)と呼び、通知の送信先を「トラックバックURL」(trackback URL)という。多くのウェブログの記事には隅に「この記事へのトラックバックURL」が記載されている。


IT用語検索









「誰も寝てはならぬ」
「トゥーランドット」
 2月10日のトリノ冬季オリンピックの開会式でオペラ歌手パバロッティがオペラ「トゥーランドット」のアリア「誰も寝てはならぬ」を熱唱し、荒川静香さんが「開会式の時に歌われたオペラで滑ることに運命を感じた」として、後押しされるように、3回転―2回転の連続ジャンプを皮切りに、ほぼノーミスの演技を披露し、流れるようなスケーティングで、金色のメダルに導き、一躍、わが拝金思想国家ニッポンの臣民たちに束の間のヨロコビを与えてくれた。そこで、耳目を集めたのが、スケーティングに使った喉頭がんのプッチーニ最後の、そして未完に終ったオペラ「トゥーランドット」。未完と言っても残りの部分はプッチーニ没後、彼の友人アルファーノによって、作曲者自身の草稿に従って完成され、今日の姿になっている。作品のストーリーは、氷のように冷たい心を持つトゥーランドット姫が求婚者に三つの謎を解くことを求め、出来ない者の首を刎ねてしまう、その中でダッタンの王子カラフが見事に謎を解き、姫の心を開くと言う内容のオペラ。
 「誰も寝てはならぬ」。いやあ、今年の流行語大賞になるだろうか?なるのは「イナヴァウアー」の方かも。

アリア「誰も寝てはならぬ」の一節。
 (誰も寝てはならぬ/あなたもそうだ、姫よ/あなたの冷たい部屋の中で/愛と希望に震える星を見るがいい/だが私の秘密は/私の胸の中にある/私の名前は誰も知らない/いや、いや、あなたの唇に私が告げよう/太陽がのぼった時に/そしてあなたが私のものになった時に/夜よ、消え失せろ/星よ、沈め!/夜が明ければ/私は勝つだろう/私は勝つ!/私は勝つのだ!)
 氷のごときトゥーランドット姫を、明日の朝には妻にできるとカラフ王子が歌う、高らかな勝利宣言(パバロッティがいつもコンサートの最後を締める歌、日本ではなんかのCMに使われて知名度アップした歌)である。聴く者の高揚感をいやがうえにも昂める、力強く輝かしいテノールの声。
 荒川静香さんの完璧なスケーティング、外人受けする顔、イタリア人をくすぐるプッチーニの最後にして最大のオペラのアリア、の三拍子があれば高得点は作戦勝ち。なにかこの前の永田町の為政者たちの大選挙の作戦勝ちと似ていなくもない。
 あッ、口が滑りそうですが、荒川静香さんは完璧な金メダルですので、おめでとうございます。
 プッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」と映画「月の輝く夜に」のことを書こうと思っていたら「トゥーランドット」の与太話になってしまった。次回に続く。





東京農工大産「Uどん」(うどん)を食べる
シコシコ、つるつる美味い!

 昨夜、ぼくの妄想友だちのYから「Uどん」を頂いた。UNIVERSITYのU。平打ち地粉うどんです。『東京農工大学農場 大地からの贈り物』とのシールが貼ってある。ようするに、府中にある国立大学法人東京農工大学産で、無農薬栽培小麦「あやひかり」を100%使用しているとか。とうとう大学もこういうものを市販するようになったんだなあ、と感慨深い。でも、モチモチした食感で美味しい。Yの娘さんがその大学に勤務しているのだが、何処で、どのようにして手に入れるかはよくわからない。


 それはともかくとして、ぼくは、シーフードが大好物なので、アサリと白菜の入ったうどんを作ってみました。いつもは、讃岐うどんの手打ちだけど、この農工大産もいける。

材料 農工大うどんを4~6分茹でる。 2玉程度だから、200g。
            だし汁 800cc
            あさり 250g
            人参 1/2本
            白菜 3枚
            ショウガ 1カケ
            ネギ 適量
作り方
1 アサリは塩抜き、人参は短冊切り、白菜は細かめのざく切り、ショウガ は千切り、ネギは小口切りにしておく。
2 だし汁に、白菜の真の部分と人参を入れて火が通るまで煮る。白菜の葉 の部分、アサリを入れてアサリの殻が開いたらOK。
3 どんぶりに、うどん、あさりだし汁をよそい、ネギ、ショウガを上から かけて出来上がり!




暮らしの中に憲法を
●永田町に棲む為政者たち多数派は、再び青年に銃を持たせるための策動をもくろんでいる。九条を改悪して、軍事産業を正当化することが最大の目的であろう。世界に冠たる九条を改悪して既に軍事大国化しているのにも関わらず更に武器商人たちと結託してさらなる超軍事大国にしたくて仕方がないのだろう。九条改悪即ち軍事大国化に見合った人員の確保=徴兵制復活のシナリオは、確実に進捗している。九条改悪阻止のために活動しているあらゆる個人と団体と連帯していきたい。今は、まったくの改憲反対者のひとりとして、九条の会に連帯!

「九条の会」アピール
 日本国憲法は、いま、大きな試練にさらされています。
 ヒロシマ・ナガサキの原爆にいたる残虐な兵器によって、五千万を越える人命を奪った第二次世界大戦。この戦争から、世界の市民は、国際紛争の解決のためであっても、武力を使うことを選択肢にすべきではないという教訓を導きだしました。
 侵略戦争をしつづけることで、この戦争に多大な責任を負った日本は、戦争放棄と戦力を持たないことを規定した九条を含む憲法を制定し、こうした世界の市民の意思を実現しようと決心しました。
 しかるに憲法制定から半世紀以上を経たいま、九条を中心に日本国憲法を「改正」しようとする動きが、かつてない規模と強さで台頭しています。その意図は、日本を、アメリカに従って「戦争をする国」に変えるところにあります。そのために、集団的自衛権の容認、自衛隊の海外派兵と武力の行使など、憲法上の拘束を実際上破ってきています。また、非核三原則や武器輸出の禁止などの重要施策を無きものにしようとしています。そして、子どもたちを「戦争をする国」を担う者にするために、教育基本法をも変えようとしています。これは、日本国憲法が実現しようとしてきた、武力によらない紛争解決をめざす国の在り方を根本的に転換し、軍事優先の国家へ向かう道を歩むものです。私たちは、この転換を許すことはできません。
 アメリカのイラク攻撃と占領の泥沼状態は、紛争の武力による解決が、いかに非現実的であるかを、日々明らかにしています。なにより武力の行使は、その国と地域の民衆の生活と幸福を奪うことでしかありません。一九九〇年代以降の地域紛争への大国による軍事介入も、紛争の有効な解決にはつながりませんでした。だからこそ、東南アジアやヨーロッパ等では、紛争を、外交と話し合いによって解決するための、地域的枠組みを作る努力が強められています。
 二〇世紀の教訓をふまえ、二一世紀の進路が問われているいま、あらためて憲法九条を外交の基本にすえることの大切さがはっきりしてきています。相手国が歓迎しない自衛隊の派兵を「国際貢献」などと言うのは、思い上がりでしかありません。
 憲法九条に基づき、アジアをはじめとする諸国民との友好と協力関係を発展させ、アメリカとの軍事同盟だけを優先する外交を転換し、世界の歴史の流れに、自主性を発揮して現実的にかかわっていくことが求められています。憲法九条をもつこの国だからこそ、相手国の立場を尊重した、平和的外交と、経済、文化、科学技術などの面からの協力ができるのです。
 私たちは、平和を求める世界の市民と手をつなぐために、あらためて憲法九条を激動する世界に輝かせたいと考えます。そのためには、この国の主権者である国民一人ひとりが、九条を持つ日本国憲法を、自分のものとして選び直し、日々行使していくことが必要です。それは、国の未来の在り方に対する、主権者の責任です。日本と世界の平和な未来のために、日本国憲法を守るという一点で手をつなぎ、「改憲」のくわだてを阻むため、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます。

2004年6月10日
井上 ひさし(作家) 梅原 猛(哲学者) 大江 健三郎(作家)
奥平 康弘(憲法研究者) 小田 実(作家) 加藤 周一(評論家)
澤地 久枝(作家) 鶴見 俊輔(哲学者)  三木 睦子(国連婦人会)

Copyright(C) 「九条の会」 All right reserved




『平凡パンチ表紙集』、当茶房で販売中!
イラストレーターの大橋歩さんが平凡パンチの表紙を描かれた集大成本。

 1964年5月11日号から1971年12月27日号まで390冊の『WEEKLY平凡パンチ』と、『デラックスパンチ』『平凡パンチ増刊号』『平凡パンチ女性版」に、表紙の絵を描かせてもらいました。ずいぶん昔のことになりましたが、あの7年半はとても面白い時代だったのでした。なにもかもが日々新しくて、うかうかしていられませんでした。『平凡パンチ』(WEEKLYを以下略)はヌード写真が入っているので少年たちには刺激的すぎるといわれましたけど、新しいものに興味のある少年なら見ないではいられなかった、最先端をいく情報誌だったのでした。今めくってみると真面目で世の中の動きに敏感な男性週刊誌です。だから『平凡パンチ』でよく育った少年も多かったのでした。あの少年たちは今50代になられています。(本書まえがきより抜粋)

著者  大橋歩
発行  株式会社イオグラフィック
定価  3045円(税込)

本書は、キイトス茶房にて販売中ですが、在庫残り1冊となりました。ご購読ありがとうございます。





 + 


キイトス茶房への連絡

メールフォーム


kiitos=フィンランド語で「ありがとう」


現在の位置

神楽坂/キイトス茶房
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2006年03月


全記事(数)表示

全タイトルを表示


インフォメーション

●「神楽坂/美女マカロン」パティシエのヒロ・タカイ氏の都合もよくなり、9月10日より再度発売します!   アーモンドブードル、粉糖、卵白、水、紅花CLA粉末、コラーゲン、無塩バター、天然塩、卵黄、あまみ等が原材料。美女になるための必須条件を満たす、ピュア美女スィーツ誕生。1個150円。
●「神楽坂/美男マカロン」パティシエのヒロ・タカイ氏の都合もよくなり、9月10日より再度発売します!   アーモンドブードル、粉糖、卵白、グラニュー糖、ビネガー、水、コラーゲン、牛乳、水あめ、食塩、生クリーム、バターが原材料。沖縄の海深ミネラル塩を使い、珊瑚のカルシウムと海のミネラルが 摂取できます。生キャラメル・セルが特徴。神楽坂の美男ダンディズムスィーツ誕生。1個150円。
●「キイトス・フロランタン」2月7日より発売中!1個200円。
●キイトス茶房の課題 “Pax intrantibus, Salus exeuntibus=歩み入るひとに安らぎを、去りゆくひとに幸せを”を謳って運営しています。
●キイトス茶房は、勉強会、ゼミ、小集会、小宴会、会合、催し物等にスペースを貸出してます。詳細は、03(5206)6657まで。


ブログ内検索


カテゴリー


最近の記事+コメント


最近のトラックバック


暮しのなかに「日本国憲法」を

日本国憲法


本日の名言集100


NEWS


オーナー

キイトス茶房/清水敬生

Author:キイトス茶房/清水敬生
動物占いを一度したらペガサスだった。血液型は、世間から最低、最悪といわれるB型。身長173cmだがfat系。小学校6年の時に170cmだったから、その後、青年期に3cmしか成長していない。人生3cmの男で以後今日に至る。ヒトと特に異なる点は、内臓逆位となっているため、心臓が右にある。100万人に一人といわれて、高校の校医がX線撮らせてくれと懇願されたことがある。変わり者ではない。短気で涙脆くネガティブ性格のスノッブ系中年。現在はまっているのは、実は、ロト6。ロト6は、01から43までの43個の数字のうち、6個を選択する。選び方は全部で6,096,454通りあるが、当選のあかつきには、ゴーガン的タヒチ生活を夢見てる。従って、タヒチ妄想生活設計案だけは完成。地誌も詳しくなったが、行ったことはなし。自称、「ホモ・ルーデンス」のジョウネツカ。


FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する


明日天気になーれ!

自分の人生の予測よりはあたる!


-天気予報コム- -FC2-


お探しの場所はここ!

地図で探す

Mapion


英検2級英単語4択ドリル


QRコード

QR


株価ボード(β)


韓国語でご挨拶(ハングル表記)


下記は消さないで下さいね。
byやさしい韓国料理レシピ


カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


RSSフィード



著作権: 基本デザイン by cadet;/ デザインアレンジ by 臼井純子/デザイン内写真 by 臼井純子/その他すべて by キイトス茶房 --【Login】