神楽坂/キイトス茶房

小腹と心を満たす書斎的食堂的珈琲店日和 “Pax intrantibus, Salus exeuntibus=歩み入るひとに安らぎを、去りゆくひとに幸せを”

04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »06


キイトス茶房(Kiitos Cafe General Store)の催しもの案内

■キイトス倶楽部
 会員になると茶房にある書籍、DVD、CDから1点だけど、店外使用出来ます。無料。現在の会員数1555名(脱会者等を含む通算数)

■キイトス・ギャラリーのご利用案内
2010年より、A使用=無料。但し、作家さんのDM作成と切手貼付200枚納品が必要。B使用=有料。半月20000円。作家さんのDM作成と切手貼付200枚納品は不要。会期中の作家さんの飲み物代無料。どちらかのコースを選択の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。詳細は電話ください。03-5206-6657


「ママより女」出版記念―ドラ・トーザンのフランス塾
「ママより女」出版記念-
ドラ・トーザンのフランス塾の開催のお知らせ

   
 フランス人ジャーナリスト、ドラ・トーザンさんの最新本「ママより女」が3月18日(金)小学館より出版されました。サブタイトルは「母より妻、妻より女のフランス 女より妻、妻より母の日本」。
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784093881807
ドラさんは発売直前の東日本大震災により一時退去していましたが、パリで元気をチャージして、再び神楽坂に戻ってきました。延期していた出版記念フランス塾(第9回目)を神楽坂/キイトス茶房で下記の通り開催します。
働いて、産んで、幸せになる!フランスでは現在、先進国では類をみないベビーブームを迎えています。この原因は何か?「働く女性ほど子どもを産む」「主婦が消えて子どもが増える」「嫡子婚外子の権利は平等」等々。
日本とフランスを往復しているフランス人ジャーナリストの視点で、フレンチ・パラドックスを知り尽くした経験から、恋愛・結婚・出産・子育てに悩めるニッポンの女性と男性へ“人生を楽にする家族術”を公開します。

■日 時:6月17日(金)午後7時から
■場 所:神楽坂/キイトス茶房 新宿区箪笥町25番地 野吾ビル2階 03-5206-6657
       (JR飯田橋駅より15分、東西線神楽坂駅より5分、大江戸線牛込神楽坂駅より2分)
■参加費:お一人様2000円 プラス飲み物代(ワインおつまみ付き1000円、ソフトドリンク
500円)飲み物はご選択ください。
参加方法 キイトス茶房へ電話予約か、キイトス茶房ブログのメールフォームから申し込み可。
■定 員: 30名。満員になり次第締め切らせていただきます。
 当日、最新刊を含めドラさんの本を直筆サイン入りでお求めになることができます。

■ドラ・トーザンDora Tauzin プロフィール:
“日本とフランスの架け橋”として活躍するフランス人ジャーナリストで生粋のパリジェンヌ。ソルボンヌ大学、パリ政治学院卒業。日本はNHKのフランス語講師の時に定住を決意。以来、現在では一年の半分が神楽坂、半分がパリ。東京日仏学院、アカデミー・デュ・ヴァンなどで講師を勤めながら、新聞、雑誌への執筆や講演、イベントなどの司会など活躍中。主な著書は「パリジェンヌ流おしゃれな自分革命」「東京のブチ・パリですてきな街暮らし」「ドラが見つけた外国人の東京スタイル」など多数。NHKラジオ「まいにちフランス語」など。
■公式HP: http://www.doratauzin.net/



見直しました、わが町の城南信用金庫さま
 自宅のすぐ隣にある城南信用金庫に用事があって立ち寄る。そこに、こんなプレスリリースが書いてあった。大手大銀行の社会貢献などないに等しいものだが、町の信用金庫とか地方銀行などどれほどあるのか知らないが、小金融機関が地域社会と共存しようという姿勢がなんだかうれしい。
 電気に頼らない生活=昭和40年位までは、そういう社会だった。
 この前、読んでいた谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』昭和14年発行の随筆は、電灯がなかった時代の今日と違った美の感覚を論じたものなのだが、その中で、「武林武想庵が巴里から帰って来ての話に、欧州の都市に比べると東京
や大阪の夜は格段に明るい。巴里などではシャンゼリゼの真ん中でもラムプを燈す家があるのに、日本では余程辺鄙な山奥へでも行かなければそんな家は一軒もない、恐らく世界ぢゆうで電燈を贅沢に使っている国は、亜米利加と日本であろう、日本は何でも亜米利加の真似をしたがる国だと云うことであった。」云々。
 なんだか、戦後の復興期や昭和元禄の頃のことではなく、ニッポン人は、昭和12年、1938年頃からこんな調子で街を明るくしていたわけでした。
 犯罪のこともあるが、せめて、東京は、地方都市の宇都宮市や長野市など、一部の繁華街以外は薄暗くても市民生活支障なしなので、昭和40年代へ街の灯りがもどり、電気至上主義的な生活を見直さなければならない時期に来てしまった。城南信用金庫の幹部のひとたちの意見に聞く耳を持っていきたい。 

原発に頼らない安心できる社会へ
城 南 信 用 金 庫


東京電力福島第一原子力発電所の事故は、我が国の未来に重大な影響を与えています。今回の事故を通じて、原子力エネルギーは、私達に明るい未来を与えてくれるものではなく、一歩間違えば取り返しのつかない危険性を持っていること、さらに、残念ながらそれを管理する政府機関も企業体も、万全の体制をとっていなかったことが明確になりつつあります。
こうした中で、私達は、原子力エネルギーに依存することはあまりにも危険性が大き過ぎるということを学びました。私達が地域金融機関として、今できることはささやかではありますが、省電力、省エネルギー、そして代替エネルギーの開発利用に少しでも貢献することではないかと考えます。
そのため、今後、私達は以下のような省電力と省エネルギーのための様々な取組みに努めるとともに、金融を通じて地域の皆様の省電力、省エネルギーのための設備投資を積極的に支援、推進してまいります。

① 徹底した節電運動の実施
② 冷暖房の設定温度の見直し
③ 省電力型設備の導入
④ 断熱工事の施工
⑤ 緑化工事の推進
⑥ ソーラーパネルの設置
⑦ LED照明への切り替え
⑧ 燃料電池の導入
⑨ 家庭用蓄電池の購入
⑩ 自家発電装置の購入
⑪ その他
以 上



作家三浦しをんの元職場「高原書店」は、宝の山
本日、臨時休業。右肩の凝りがひどくなって、首筋が痛み、借金で首がまわらない以上にまわらなくなったため、お休み。原因は、加齢と韓流時代劇の見過ぎからの自滅。しかし、朝から寝てばかりいても好転しないだろうから、ムスメのクルマを借りて、駅前の古本屋「高原書店」へ出掛ける。駐車場がないから、同書店の隣の酒屋で日本酒1本980円を買い、しばし、駐車の許可をいただいて、作家の三浦しをんさんが以前働いていた同書店で本6冊を100円コーナーで買う。近くに日本1売り場が広いといわれるBOOKOFFもあるが、こちらの古本店の方が気に入ってる。以前、本のことを尋ねた折、てきぱきと応えていた方が三浦さんだったようだ。しかし、彼女の本は読んだことがなく、彼女の原作の「君に風がふいている」(?)箱根駅伝の映画を観たのみ。それにしても、この古書店は宝の山だ。

「法隆寺を支えた木」(西岡常一・小原二郎)
 コンクリートと鉄、ガラスとプラスティックの中で、ぼくらは暮らしているが、ちょい前までは、木と紙で出来た家で暮らしていたニッポン人と木との関わりを、飛鳥創建から昭和大修理まで1300年の間、世界唯一の木造建築の法隆寺とかかわってきた法隆寺宮大工の末裔の西岡氏の法隆寺を支えた木の話は面白そう。
「忠臣蔵-意地の系譜」(佐藤忠男)
 浅野内匠頭の「短気」、吉良上野介の「意地悪、大石良雄の「我慢」、47士の「意地」のドラマにひそむ日本人像に迫る映画評論家の現代社会との対比は、どんな結論となるのだろうか。
「悪について-〈裏側〉からのカント倫理学案内」(中島義道)
 中島義道氏は、電通大の哲学の先生だが、調布だったか、仙川だったかの商店街での街宣音のうるささに文句をつけていたセンセイで、当然と言えば当然の所為。今では、すっかり著名人になってしまったが、「どんな善人も悪である」との中島倫理学の展開は如何に。
「われわれにとって革命とは何か-ある分子生物学者の回想」(柴谷篤弘)
 日本分子生物学の成立を支えた著者がふりかえる50年の科学の営み。ニッポンの支配階層の赤門出身者は、ありとあらゆる場で学閥連帯している本郷の大学ではなく、自由京大の先生の話には興味が魅かれる。
「日本古代文化」(和辻哲郎)
 昭和26年発行の本。この書は、初めは左翼、続いて、右翼から圧力を受けたと、冒頭で書かれている。日本民族の由来、魏志倭人伝、氏姓制度、漢字の習得などなど、ニッポンの古代史解説本。茶房の近くのマンション管理人のお客さまが退職の折、松本清張の清張通史を寄贈していただいたので、「天皇と豪族」を読んで以来、歴史の関心事が古代になってしまったこともあって、即購入してしまった。
「物語韓国史」(金両基)
 毎夜、韓流時代劇にはまってしまい、ほぼ中毒。朝鮮半島の古代史ドラマ「チュモン」「風の国」、今、「テジョヨン」と観続けているが、韓国史を知らないでは、これからの韓流時代劇を観るにあたって、最小限の知識くらいは、読んでおかないと思い購入。ドラマではヒーロー役の将軍も、この本では、かなりの極悪人だったりで、別にどちらでも良いが、これから益々、韓流時代劇に没入しそうな雲行き。結局、高原書店で本6冊計600円で、今月は愉しめそう。

  
 書店から帰って、家の納戸の不用ごみ20kgをクルマに積み込み、まちのごみ焼却場へ。入口でクルマごとの計量し、ゴミ出し後、出口で計量し、差額がゴミ処理費。なかなか優れものの施設で、ぼくは、このまちで一番誇れる施設だと思う。焼却場の帰り、馬駆交差点のそばで、当茶房と同じように、ひっそり、ほっこりと営業している「利芽以来家」(リメイクハウス・電話042-791-2635)に寄る。多分、9年ぶり。『草笛と朗読とえんがわのじかん』5月29日午後2時から、『復活の風Jazz Live』6月5日午後6時30分から、のチラシを貰う。ぼくより少々年上らしいママさんと、しばし、茶房営業談義。「いつやめようか」と思いながらここまで来てしまったというのが共通項だった。土日休みの生活にもどったら日参したいお店なのです。

 夕方、再び、駅前の大書店の階上にある讃岐うどん店で、うどんとかやくご飯のセットをいただく。パーマをかけに行ったムスメを迎えにいったのに、デート不成立。
 帰宅後、韓流時代劇「テジョヨン」の第89話、90話を観て熱くなる。なんで隣の国の俳優は、三國連太郎や、昔の松坂慶子クラスの女優が、わんさかいるのだろうかと思いつつ、臨時休業の一日が終わる。
 



トホホ状態
GW前、ドコモの携帯電話を紛失。茶房からアディダスの横に停めていたクルマに乗る間に落としてしまった。気がついたのが新宿に向かっていたクルマの中。即行で、ドコモに電話し、電話帳などの個人データやおサイフケータイのICカード機能にロックをかけることができた。GPSで何処にあるか探してもらうシステムもあったのだが、3年前に契約した折、そんな機能のオプションをしていなかったので機能せず。個人情報の流失は、ロック機能で防げたが、しかし、まあ、誰とも連絡が取れないことが致命傷。もっと最悪なのが、社会人失格に値する=バックアップをとっていなかったことに尽きる。10日間、ケイタイなしの日々。きっと、その間、ともだちからもメールが来ていると思いつつ、機種変して新しいケイタイが手元に。来ていたのは、ランダムな営業のメールなどの迷惑メールのみ。ケイタイに依存していたが、個人生活は寂しいものと、はじめて実感。落としてみてわかったのは、ケイタイなどなくともよいモノということに気が付く。
そういう初老のつまづきで、ケイタイを紛失したため、ときどき、ぼくの方からメールを差し上げていた、ともだちや仕事上の関係者のみなさん、こちらからは、一切連絡できないトホホ状態のため、ご了承くださいね。




初めてのYahoo!オークション
生まれて border=
生まれて初めて、Yahoo!オークションに参加し、飾り棚を入札した。初めてなので、おそるおそる入札し、競り落とした。いやー、面白かったの一言。20人位で競り合った。初心者なので、4999円までしか入札出来ず、それ以上の場合は、銀行口座等での引き落とし手続きを踏まないとならないことは、後で知った。いままで探していた映画DVD「戦場のメリークリスマス」(大島渚)も入札した。当面、欲しい!と思っていたものが、これしかないというのも寂しいが、漸く手に入れ、所有欲は、大満足で満たされた。探し求めていた物を探す時間を愉しむという余裕がないけれど、ぼくのささやかな欲求はヤフオクで満たせることを、今頃知ったわけです。なんでも、他者とはどうも10年遅れていることを気が付いた次第。
この入札した飾り棚は間もなく茶房に届く。どうも茶房内の雑誌等の整理をしないことには、納戸も荷物で溢れてしまい、店内も本の山積みでひどい状況になっているので、ようやく整理できそうです。
しかし、自宅の部屋はもっとひどい状況でとっちらかっていて、いつ片付けが出来るのか、見当もつかない有様です。
どうして、整理も整頓も出来なくなってしまったんだろうか、と思う立夏です。




キイトス・カンテレ・ワークショップ「 響け!!バンドゥーラ」 を開催!
第7回キイトス・カンテレ・ワークショップ「 響け!!バンドゥーラ」
カンテレ














 2011年2回目のカンテレ・ワークショップは、ウクライナの伝統楽器バンドゥーラの奏者チャーリー佐久間氏をお迎えして開催します。バンドゥーラは、50~65弦の撥弦楽器です。形は、棹があるので、ギター属のように見えますが、カンテレと同じチターの仲間です。架弦方式はクロスストラング・クロマティック。メカニックタイプは、7本のレバーによって、16の調に設定できるユニークな楽器です。
講師の佐久間さんは銀座でのワークショップ(第6回)と神楽坂での第2回ワークショップに参加してくれた、カナダで活躍していた日本人の演奏家。6月からは、ウクライナで本格的な演奏修行と楽器製造修行を開始されます。
前回のグースリに引き続き、ロシア-ウクライナの曲をお楽しみください。

佐久間さんの演奏
http://www.youtube.com/watch?v=Rd036czwmdo&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=vrknCUjyUZY&feature=channel

*初めての方は、少し早めにおいでいただき、自由に楽器(カンテレ 15弦~38弦、バンドゥーラ50~65弦)に触れてみてください。
*「みんなで弾いてみよう」では、ナターシャ・グジーさんの演奏でおなじみの「バンドゥーラを手にすれば」をやってみようと思います。
*バラライカ、マンドリンの参加をお待ちしています。
*カンテレでのサポートおねがいします。

■日時 2011年5月25日(水) 午後6時半開場~9時ころまで (デモ演奏は7時~)
■場所 キイトス茶房  
  新宿区箪笥町25番地 野吾ビル2階  03-5206-6657  
 (大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口より徒歩1分、
  東西線「神楽坂駅」矢来口より5分)北町交差点際

■参加費 お一人様2000円 (1ドリンク コーヒーか紅茶付き)
     ペアの方は、お一人1500円
■定員25名(または15組)。満員になり次第締め切らせていただきます。

●参加方法 
キイトス茶房へ直接電話予約、またはキイトス茶房ブログのメールフォームからお申し込みください。
http://kiitosryo.blog46.fc2.com/





 + 


キイトス茶房への連絡

メールフォーム


kiitos=フィンランド語で「ありがとう」


現在の位置

神楽坂/キイトス茶房
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2011年05月


全記事(数)表示

全タイトルを表示


インフォメーション

●「神楽坂/美女マカロン」パティシエのヒロ・タカイ氏の都合もよくなり、9月10日より再度発売します!   アーモンドブードル、粉糖、卵白、水、紅花CLA粉末、コラーゲン、無塩バター、天然塩、卵黄、あまみ等が原材料。美女になるための必須条件を満たす、ピュア美女スィーツ誕生。1個150円。
●「神楽坂/美男マカロン」パティシエのヒロ・タカイ氏の都合もよくなり、9月10日より再度発売します!   アーモンドブードル、粉糖、卵白、グラニュー糖、ビネガー、水、コラーゲン、牛乳、水あめ、食塩、生クリーム、バターが原材料。沖縄の海深ミネラル塩を使い、珊瑚のカルシウムと海のミネラルが 摂取できます。生キャラメル・セルが特徴。神楽坂の美男ダンディズムスィーツ誕生。1個150円。
●「キイトス・フロランタン」2月7日より発売中!1個200円。
●キイトス茶房の課題 “Pax intrantibus, Salus exeuntibus=歩み入るひとに安らぎを、去りゆくひとに幸せを”を謳って運営しています。
●キイトス茶房は、勉強会、ゼミ、小集会、小宴会、会合、催し物等にスペースを貸出してます。詳細は、03(5206)6657まで。


ブログ内検索


カテゴリー


最近の記事+コメント


最近のトラックバック


暮しのなかに「日本国憲法」を

日本国憲法


本日の名言集100


NEWS


オーナー

キイトス茶房/清水敬生

Author:キイトス茶房/清水敬生
動物占いを一度したらペガサスだった。血液型は、世間から最低、最悪といわれるB型。身長173cmだがfat系。小学校6年の時に170cmだったから、その後、青年期に3cmしか成長していない。人生3cmの男で以後今日に至る。ヒトと特に異なる点は、内臓逆位となっているため、心臓が右にある。100万人に一人といわれて、高校の校医がX線撮らせてくれと懇願されたことがある。変わり者ではない。短気で涙脆くネガティブ性格のスノッブ系中年。現在はまっているのは、実は、ロト6。ロト6は、01から43までの43個の数字のうち、6個を選択する。選び方は全部で6,096,454通りあるが、当選のあかつきには、ゴーガン的タヒチ生活を夢見てる。従って、タヒチ妄想生活設計案だけは完成。地誌も詳しくなったが、行ったことはなし。自称、「ホモ・ルーデンス」のジョウネツカ。


FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する


明日天気になーれ!

自分の人生の予測よりはあたる!


-天気予報コム- -FC2-


お探しの場所はここ!

地図で探す

Mapion


英検2級英単語4択ドリル


QRコード

QR


株価ボード(β)


韓国語でご挨拶(ハングル表記)


下記は消さないで下さいね。
byやさしい韓国料理レシピ


カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


RSSフィード



著作権: 基本デザイン by cadet;/ デザインアレンジ by 臼井純子/デザイン内写真 by 臼井純子/その他すべて by キイトス茶房 --【Login】